[羊蹄山]みる・たのしむ | 京極町観光協会

みる・たのしむ

羊蹄山MT.YOTEI

季節ごとに姿える
しい蝦夷富士

春は躍動感みなぎる新緑がわきたち、夏は緑鮮やかな姿が真っ青な空に悠々と。
赤や黄、色とりどりに染め上げられた木々に包まれ穏やかな秋を向かえ、冬には純白の衣をまとい凛然とたつ。4つの登山道があり、京極コースもその一つです。
頂上を中心とする7,000ヘクタールは国立公園区域に指定され、9合目付近の高山植物帯をはじめ、6合目付近からのダケカンバやハイマツの森、山腹の原生林と四季を彩る鮮やかな自然が息づいています。
高山植物が開花する7月から8月上旬、様々な衣をまとう秋まで登山を楽しむことができます。

京極かな自然

独立峰である羊蹄山は、高度に従って植物が変化する植生の垂直分布がはっきりと確認できる山で、標高1700mから上では美しい高山植物が見られます。
その種類は80種を数え、地形などの環境の変化で咲く花も様々です。

植物だけではなく、羊蹄山は野生動物の宝庫でもあり、野鳥の種類は130種類以上と言われており、哺乳類では、エゾユキウサギ、エゾモモンガなどの珍しい動物も生息しています。

尻別川

京極の街を流れる尻別川は、流路延長125.7kmで、北海道で第6位の大河です。幻の魚と言われているイトウが棲む川として知られており、他にもヤマメ、アメマス、ニジマス、オショロコマなどの多くの川魚が生息しているため、釣り人の憧れの地となっています。

ふきだし湧水の水も、この尻別川へ流れ込み、日本海へと続いていきます。

登山ルートROUTE

京極コース

所要時間:往 / 4時間10分 復 / 3時間00分

ダケカンバが多くなる標高1,000m付近から傾斜がきつくなり、7合目からはジグザグを繰り返す。標高1,600付近には瞰望台があり、札幌近郊の山々がよく見える。
これから先は岩場の崩壊が進んでいるので、十分注意。
高山植物を楽しみながら進むと山頂はもう一息。最後の岩肌を左へ進み最高点へ。

倶知安コース

所要時間:往 / 3時間40分 復 / 2時間40分

真狩コース

所要時間:往 / 4時間30分 復 / 3時間10分

喜茂別コース

所要時間:往 / 4時間20分 復 / 2時間50分

※登山のご案内は夏~秋までのみとなっております。

ふきだし公園FUKIDASHI PARK

自然と羊蹄山とで作り出す「おいしい水」が絶え間なく湧き出る噴き出し
公園は「名水の里」として多くの人に親しまれています。

温泉KYOGOKU HOT SPRING

気軽に立ち寄ることができる日帰り温泉施設。羊蹄山を眺めながら
入る露天風呂が人気です。

羊蹄山MT.YOTEI

蝦夷富士として親しまれている羊蹄山は、
北海道を代表する名山として日本百名山のひとつに数えられています。

アウトドアOUTDOOR

美しい芝生が広がる36ホール、4コースのパークゴルフ場のほか、
テニスコートやキャンプ場も整備されています。

湧学館EDUCATION&CULTURE

生涯学習センター湧学館には、図書室や郷土資料コーナーがあり、
水にまつわる資料が充実しております。

フォトスポットPHOTO SPOT

自然が豊かな京極町。町のシンボルである羊蹄山から湧き水が溢れ出す
ふきだし公園など、数々のフォトスポットがございます。